子ども導線

知っていましたか?
子ども導線は整理整頓など
子どもを理想の習慣づけへと導きます

靴をそろえる、手洗い・うがいをする、ランドセルをしまう……。
毎日の生活の中で規則正しい習慣を身につけることが、後の学習意欲にも繋がります。
子ども導線とは、効率よくおかたづけや整理整頓、学習ができ、習慣化しやすいように配慮した導線計画です。
家庭教育プロデューサー 酒井勇介氏が考案。元大手出版社、家庭教育総合企画室室長だった酒井氏は、賢い子どもに育てる住まいづくりとして、こちらの子ども導線を考案いたしました。
全く新しい住宅環境の提案、子ども導線を家造りに取り入れることを、リラックスハウスではオススメしております。

子ども導線の監修、アドバイザー 酒井勇介氏。
早稲田大学教育学部卒。1986年に大手出版社入社。乳幼児・児童教育のエキスパートとして営業スタッフの研修や商品企画を担当。 退社後、フリーの家庭教育プロデューサー、新聞学習プランナーとして全国各地で通算1,700回以上の講演やセミナーを開催。住友林業クレスト株式会社 教育住宅アイテム開発アドバイザーを担当。

家庭で身につける、規則正しい習慣。子どもに身に付けてもらいたいことはたくさんあります。自分ひとりで「できたよ!」を増やすには、規則正しい「生活習慣」と「学習習慣」を決め実行させることが大切です。
ただいまと帰宅したら、手洗いうがい。リビングに入っておやつを食べたら、宿題をする。「いつ」「どこで」「なにを」とルールを明確化し、子どもの習慣づけを導きます。

子ども導線とは、「効率よく」「続けやすく」子どもたちを「規則正しい習慣」に導く動線計画です。
リビングダイニングを中心に、子どもの持ち物の収納場所や学習場所を考えるプラン。子どもの行動と持ち物に合わせて「場所と収納」を配置。子どもが効率よくお片付けや整理整頓、学習ができ、習慣化しやすいように配慮した動線計画です。

リビングダイニングを中心に、子どもの行動に沿って収納家具を配置。
ルールを習慣化し、お母さんの家事負担軽減にも役立ちます。

ただいまと玄関に入る→靴をしまう→手洗いうがいをする→ランドセルをしまう→連絡帳を出す→宿題をする。要所要所に子どもの習慣をサポートする家具、ただいま収納シリーズを用いれば、より効率があがります。
玄関近くに手洗い場を設け、帰宅してからの手洗いうがいを習慣づける。リビングダイニングにクローゼットを設置することで、ランドセルや教科書などの学用品の整理整頓に大活躍します。他にもPOSTやマグネットボード、カウンターやTVボードなど、多種多様の収納家具は、最高の教育環境を整え、お子様の学習能力向上に役立ちます。

PAGE TOP