秋の味覚と東北震災復興

staff

掲載日:2011年09月18日
投稿者:staff

 先日、我が家に宮城県の方が、みかんを売りに来ました。

その方は、避難所生活から仮設住宅に住んでいる状況の中、

「毎年、来させてもらっているので、皆さんが待っているから。」と

ワゴン車にたくさんのミカンを積んで、一軒一軒廻っていました。

ミカンは山になっているので、地震の影響は受けていなかったそうです。

 主人の取引先の会社は、同じく震災の影響で会社や家が無くなり、奥様も亡くされ大変な状況の中、

サンマを送って下さいました。

食品からの放射能の影響が心配される中、市場でチェックを受け出荷されているそうです。

 自分のことも満足に出来ない状態の中で、周りの事を思い、心をかけて下さる様子に頭が下がり、

貴重な秋の味覚を噛み締めながら、美味しく堪能させて頂きました。

 

This entry was posted in スタッフブログ. Bookmark the permalink.

スタッフブログナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です