え!!道じゃーないの(@_@;)

斎藤

掲載日:2012年06月16日
投稿者:斎藤

最近あった事例を本日はご紹介します。

みなさん普段通行している道路があると思いますが、

その道が道じゃー無いとしたらどう思われますか?

何?それ?と思われると思いますが、

私たち不動産業者は販売する土地、建物を契約するときには

重要事項説明を説明するのですが、その時敷地が道に接道をしているかを説明しなくてはならないのです。

みなさん「何のこと?」と思われるでしょうが、お家を立てる敷地は行政が認めた道に2M接していなくてはならないんです。

そうしないと建築確認がおりない大切な法律があります。

下の写真ご覧ください.

どう見ても道路と思うでしょう。

でも市は道路と認めていないんです。換地?と説明ありました。

換地とは川の土手の様なものです。

しかも登記は市所有で地目も公衆道路でした。変でしょう

もうひとつ事例があります。

上の写真みてどう思います?

奥に見えているのは道路に見えますよね。

でも道路で無くある特定建物の敷地です。

この敷地を利用して建っている建物付土地の仲介依頼があったのですが、

調査しましたら道路でないことが判明したのでお客様にご説明いたしました。

本来宅地と非宅地では同じ条件にあっても建物が建てれれば評価も上がりますが、

建物が建たない土地ならば畑と同じになります。

そうなれば周辺売買価格が、坪20万するような土地でも畑の評価しかできません。

この相談に来られたお客様にもご説明いたしました。

このお客様は以前の持ち主の方から不動産業者を通さず直接お買いになられたとのこと、

接道義務については全く知らなかったということでした。

ただ、今回このような案件が続けてありましたので、

社員一同、道路以外の事ももっと詳しく調べてお預かりいたし、ご紹介しなくてはいけないと思い取り組んでいます。

This entry was posted in スタッフブログ. Bookmark the permalink.

スタッフブログナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です